【バスケ】アイソレーションの基本と動き方

オフェンス
B-MAN
B-MAN

この記事で分かること

アイソレーションとは何か

アイソレーションの基本動作について

アイソレーション(1対1)を行う選手

アイソレーションの特徴について

アイソレーションを使うタイミング

アイソレーションとは

バスケにおけるアイソレーションとは、得点能力の高いプレイヤーをボールを保持した状態から孤立こりつさせて、1対1を狙うフォーメーションオフェンスです。

アイソレーションの意味には、「分離ぶんり」や「独立どくりつ」と言った意味も含まれます。

アイソレーションを使う事でどの様な可能性があるか見ていきましょう。

B助
B助

チームのエースが1対1を仕掛ける特別なフォーメーションオフェンスだね!

B-MAN
B-MAN

チーム競技でありながらも独立して1対1を狙うオフェンスな事から、他のフォーメーションとは変わったスタイルになるぞ!

アイソレーションの基本動作

初めにアイソレーションの基本的な動きを確認しましょう。

アイソレーションを行う選手に対して、ボールを回し始動します。

ボールマン以外のオフェンスは、1対1をさまたげない様に、アウトサイドに広く構えてスペースを作ります。

アイソレーションを行う選手は、各ポジションの攻撃準備が確認出来たら、ドリブルから1on1を開始して得点を狙いに行きます。

アイソレーション(1対1)を行う選手

アイソレーションを仕掛ける選手は、得点能力があるだけでなく、「ドリブル」と「パス」の2つのスキルが必須になります。

孤立をさせた1対1と言えど、必ずしもヘルプディフェンスが来ない訳ではありません。

ドライブが成功したとしても、チームディフェンスによるリカバリーがある為、冷静にフリーの選手へアシストを演出できるパス能力もわれてくるのです。

それらを加味かみすると、「ポイントガード」「シューティングガード」「スモールフォワード」のアウトサイドを得意とする選手を中心に1対1を狙う事が効果的だと言えるでしょう。

アイソレーションの特徴

・簡易的なフォーメーション
・パス合わせの重要性
・ディフェンスに止められ易い

簡易的なフォーメーション

アイソレーションは、複雑ふくざつなスクリーンやムーブがない為、選手一人一人の動きが分かり易いフォーメーションとなります。

激しいトランジションが繰り返される試合の中で、動きのミスを軽減けいげんする事ができるのは、アイソレーションの特徴の一つです。

パス合わせの重要性

アイソレーションを単純な1対1だと思うのは間違った認識です。

アイソレーションは、「フォーメーション」オフェンスの一つであり、周りの選手達はパスへの合わせが重要な役割になります。

ディフェンスの死角しかくに対して、タイミング合わせ、得点を狙いましょう。

ディフェンスに止められ易い

ドリブルから展開される1対1は、攻撃パターンが少なくなる為、比較的ディフェンスに読まれ易くなる傾向けいこうがあります。

アイソレーションを行う選手は、ドライブによる高い突破力が必要です。

【バスケ】アイソレーションの動き 1分で分かるオフェンス戦術! #shorts #バスケ #バスケ上達
バスケットボールのオフェンス戦術である「アイソレーション」の基本動作を1分にまとめてみました。バスケットボールターミナル(バスタミ!)は、バスケのスキルから戦術、練習メニューなど、バスケに特化した内容を日々、発信しています。バスケの技術を上達させる上で知識を学ぶ事は、最も大切になります。・チームで新しい戦術を取り...

アイソレーションが使われるタイミング

・残り時間が少ない時
・マッチアップの実力差が明白の時

残り時間が少ない時

アイソレーションが使われるタイミングの一つとして、ラスト1プレーなどのタイムクロックが残りわずの時です。

理想りそうとしては、残り「10秒」のカウントが始まる頃を目安に1対1を仕掛ける事で、相手のオフェンス時間をけずる事にも繋がります。

マッチアップの実力差が明白の時

もう一つは、アイソレーションを行う選手とマークマンの実力差が離れている時にも積極的に狙われます。

例えば、マークマンとの身長差が離れている(ミスマッチ)ケースでは、集中的に狙う事で試合を優位に進める事が出来るのです。

B-MAN
B-MAN

エースが試合の終盤にアイソレーションを成功させた時、得点以上にチームの雰囲気を盛り上げる事が出来るんだ!

さいごに

近代バスケでは、純粋じゅんすいなアイソレーションで仕掛ける事は少なくなり、ピック&ロールを駆使した2対2が、展開として多くなりました

その理由は、壁役がいる事で攻撃の選択肢が増え、より幅広いオフェンスの可能性が出来た事だと言えるでしょう。

高いレベルで考えた時、ピック&ロールの攻撃パターンも知っておくべきでしょう。

※ピック&ロールについて詳しくはこちら

コメント