Blog

【バスケ】ファウルトラブルの意味と対処法

「ファウルトラブル」とは、個人やチームでのファウルが多く重なり、思い通りにプレーが行えない状況を指します。 一試合を通して個人のファウルが計5回に達した場合には、「5ファウル」の規定により退場となってしまうのです。 今回は、ファウルトラブルが起こってしまうデメリットと対処法について解説していきます。
オフェンス

【バスケ】ピストルオフェンスの基本と動き方

攻守が切り替わったアーリーオフェンスの場面で、ハンドオフスクリーンから攻撃を展開する戦術を「ピストルオフェンス」と呼びます。 主に、ガードからウイングへパスを送り、スピードのあるガードが走り込んで、ゴールを狙う戦術になります。 今回は、ピストルオフェンスの動き方と狙いについて解説していきます。
ディフェンス

【バスケ】クローズアウトの基本とやり方

ディフェンスがオフェンスの間合いを詰め寄る動作を「クローズアウト」と呼びます。 オフボールの選手にボールが渡った瞬間、離れて守っていたディフェンスが距離を詰め、「シュート」と「ドライブ」の両方を警戒して守る手法になるのです。 今回は、バスケのディフェンススキル、クローズアウトのやり方を解説していきます。
Blog

【バスケ】アウトオブバウンズの意味とルール

バスケのゲーム中、ボールがコート外に出てしまう事を「アウトオブバウンズ(out of bounds)」と呼びます。 バイオレーションの一種になり、アウトオブバウンズになった場合は、相手チームからのスローインでゲームが再開されます。 今回は、バスケのアウトオブバウンズについて解説していきます。
ディフェンス

【バスケ】ヘルプディフェンスの意味と守り方

自分のマーク外のオフェンスの進行を止める為に、助けに守る動作を「ヘルプディフェンス」、又は単に「ヘルプ」と呼びます。 味方がピンチの場面で、カバーをして失点を減らすチームディフェンスの一つになるのです。 今回は、バスケのディフェンス手法、ヘルプディフェンスについて解説していきます。
オフェンス

【バスケ】ダントーニ・システムの戦術と考え方

「得点効率」と「素早い攻撃」を意識して、攻撃を作る考えを「ダントーニ・システム」と呼びます。 その攻撃は、「ペース&スペース」とも呼ばれ、アップテンポの速い展開からスリーポイントシュートを狙い、インサイドに空間(スペース)を作る考え方になるのです。 今回は、ダントーニ・システムに付いて解説していきます。
Blog

【バスケ】オフボールの動き方と5つのポイント

バスケでは、コート上でボールを持っていない選手の事を「オフボール」と呼びます。 オフボール(Off Ball)は、オフェンスのシュチュエーションで使われる言葉になり、味方5人の内4人がオフボールの状態になるのです。 今回は、オフェンスの基本、オフボールの動き方を解説していきます。
オフェンス

【バスケ】フロッピーの基本と動き方

「フロッピー」とは、シューターを活いかす為に、周まわりのオフェンスが、アウトサイドへ向けたスクリーンを作るフォーメーションになります。 外角のシュートを得意とする選手がチームにいる場合に、ディフェンスのマークを外してノーマークでパスを回す為の戦略になるのです。 今回は、フロッピーの基本と動き方について確認していきましょう。
Blog

【バスケ】ターンオーバーの意味と減らす対処法

「ターンオーバー(Turn Over)」には、「転覆」や「ひっくり返す」という意味が含まれています。 バスケにおいては、シュート以外のミスによって、オフェンスからディフェンスへと切り替わってしまうミスに対して使われる用語になるのです。 今回は、ターンオーバーを減らす為に必要な事について考えていきましょう。
オフェンス

【バスケ】サイクロンの基本と動き方

動きの中からバックスクリーンを作り、ゴール下にノーマークを生み出すオフェンス戦術の事を「サイクロン」と呼びます。 サイクロンには、「回る」や「旋回」といった意味が含まれる通り、選手達が動きの中から連携を行いチャンスを作り出すフォーメーションです。 今回は、サイクロンの動き方と狙いについて解説していきます。