オフェンス

オフェンス

【バスケ】ピストルオフェンスの基本と動き方

攻守が切り替わったアーリーオフェンスの場面で、ハンドオフスクリーンから攻撃を展開する戦術を「ピストルオフェンス」と呼びます。 主に、ガードからウイングへパスを送り、スピードのあるガードが走り込んで、ゴールを狙う戦術になります。 今回は、ピストルオフェンスの動き方と狙いについて解説していきます。
オフェンス

【バスケ】ダントーニ・システムの戦術と考え方

「得点効率」と「素早い攻撃」を意識して、攻撃を作る考えを「ダントーニ・システム」と呼びます。 その攻撃は、「ペース&スペース」とも呼ばれ、アップテンポの速い展開からスリーポイントシュートを狙い、インサイドに空間(スペース)を作る考え方になるのです。 今回は、ダントーニ・システムに付いて解説していきます。
オフェンス

【バスケ】フロッピーの基本と動き方

「フロッピー」とは、シューターを活いかす為に、周まわりのオフェンスが、アウトサイドへ向けたスクリーンを作るフォーメーションになります。 外角のシュートを得意とする選手がチームにいる場合に、ディフェンスのマークを外してノーマークでパスを回す為の戦略になるのです。 今回は、フロッピーの基本と動き方について確認していきましょう。
オフェンス

【バスケ】サイクロンの基本と動き方

動きの中からバックスクリーンを作り、ゴール下にノーマークを生み出すオフェンス戦術の事を「サイクロン」と呼びます。 サイクロンには、「回る」や「旋回」といった意味が含まれる通り、選手達が動きの中から連携を行いチャンスを作り出すフォーメーションです。 今回は、サイクロンの動き方と狙いについて解説していきます。
オフェンス

【バスケ】スタッガードスクリーンの基本と狙い方

2人の選手が異なる「位置」と「タイミング」からスクリーンを作るオフェンス戦術を「スタッガードスクリーン」と呼びます。 予め、2つのスクリーンを配置させるのではなく「時間差」で2つ目の壁を作る事で、よりスクリーンが掛かかり易くなるのです。 今回は、スタッガードスクリーンの動き方と狙いについて解説していきます。
オフェンス

【バスケ】フリーオフェンスの基本と考え方

チームオフェンスを行う上で、攻撃にルールを決めず、各選手が自由に攻めて得点を狙う戦術を「フリーオフェンス」と言います。 フリーオフェンス(Free Offence)には、「自由」の意味が含まれている通り、それぞれの自由な発想を元に攻め込む事がポイントです。 今回は、フリーオフェンスの特徴について解説していきます。
オフェンス

【バスケ】マッカビモーションの基本と動き方

オフェンス戦術であるピック&ロールを連続して行い、得点を狙うフォーメーションを「マッカビモーション」と呼びます。 ピック&ロールを1度だけでなく、2度、3度と動きの中から繰り返し行う事で、理想のシュートチャンスを作り出す事が可能になるのです。 今回は、マッカビモーションの動き方について解説していきます。
オフェンス

【バスケ】エレベータースクリーンの基本と動き方

アウトサイドシュートが得意なシューターを活かす為に、2人の選手がスクリーンを使ってノーマークを作る戦術を「エレベータースクリーン」と呼びます。 勝負所でスリーポイントシュートを決めたい場面で使うフォーメーションになるのです。 今回は、バスケのオフェンス戦術、エレベータースクリーンについて解説していきます。
オフェンス

【バスケ】アイバーソンカット(AIカット)の基本と動き方

得点能力の高い選手の1対1を活かす為に、スクリーンを使って、ノーマークを作るフォーメーションを「アイバーソンカット」、又は「AIカット」と呼びます。 今回は、バスケのオフェンス戦術であるアイバーソンカットの基本動作と応用の動き方について解説していきます。
オフェンス

【バスケ】ハイロー(ハイローポスト)の基本と動き方

ハイポストの選手からローポストの選手へ、パスを繋いでシュートを狙うオフェンス戦術を「ハイロー」、又は、「ハイローポスト」と呼びます。 ペイントエリア周辺のハイポストとローポストの2箇所から、インサイドプレイヤーを中心に攻め込む戦略になるのです。 今回は、ハイローの基本動作について解説していきます。
バスタミ!をフォローする